「疲れたの?」Are you〜を使って聞いてみよう!

今回はAre you〜?の質問とそれに対しての答え方です。

“Yes I am./No I’m not.”以外に自然な反応をお子さんも使いこなせるよう、シンプルな文章をご紹介します。


photo by Donnie Ray Jones 

 

フレーズを覚えよう

“Are you hungry?”
「お腹すいた?」

“Are you tired?”
「疲れた?」

“Are you sad?”
「悲しいの?」

” Are you thirsty?”
「喉乾いた?」

“Are you sleepy?”
「眠い?」

 

実際の会話を聞いてみよう

Mom: Are you hungry?
Kid: Yes, mommy. Is it snack time yet?/ No. I want to play now.

ママ:お腹空いた?
子供:うんママ。おやつまだ。/ ううん。まだ遊びたい。

Mom: Are you tired?
Kid: Yes mommy, I want to sit down./ No, I’m ok.

ママ:疲れた?
子供:うん、ママ座りたい。/ ううん大丈夫。

Mom: Are you sad?
Kid: Yeah, I don’t want to go home yet. / No, I’m not.

ママ:悲しいの?
子供:うん、まだお家に帰りたくない。/ ううん、悲しくないよ。

Mom: Are you thirsty?
Kid: Yeah, can I have some water mommy?/ No, I’m fine now.

ママ:喉乾いた?
子供: うん、ママお水頂戴。/ ううん、今は大丈夫。

Mom: Are you sleepy?
Kid: Yeah, I am./No. I’m not. I want to play a little more.

ママ:眠い?
子供:うん。/ ううん、眠くないよ。もうちょっと遊びたい。

 

ちょこっとメモ

簡単な文章を頻繁にお子さんに問いかけることで、お子さんの方からも聞いてくれるようになってきます。

また、最初はむずかしいと思いますが、質問してお子さんが日本語で答えた時も英語に言い換えてあげるようにしてください。

“Are you hungry?”に対して「ママ、まだお腹すいてない。」と日本語で答えたなら

“You’re ok? Let’s say I’m not hungry yet.”

と教えてあげて、お子さんにもリピートしてもらいましょう。

我が家ではこれを繰り返していることで娘ちゃんの方から質問してくることが多くなりました。

外に出て”Are you cold mommy?”と、知っている単語を使って聞いきたり、答え方も覚えたものを使おうと努力が見られ、バリエーションが増えてきています。