「お片づけしましょうね」おもちゃを一緒に片付けるときのフレーズ

お子さんが小さいとお家で遊ぶ時間も多いですよね。たくさんのおもちゃを出して遊んだあと、お片づけをしてほしい時に使えるフレーズをご紹介します。


photo by Jeff

 

フレーズを覚えよう

“Let’s put your toys away.”
「おもちゃを片付けましょうね。」

“Let’s start picking up your toys.”
「お片づけを始めるよ。」

“Time to make your room neat and clean.”
「お部屋をお片付けして奇麗にする時間ですよ。」

“Please tidy up your room.”
「お部屋を奇麗にしましょう。」

“Put your toys away where they belong.”
「おもちゃがあったところに戻してね。」

 

実際の会話を聞いてみよう

It’s almost time for dinner!!
Let’s clean up your room before we eat, yeah?
Please put your toys away where they belong.
Do you remember where they go? Chop chop!!
Please make your room neat and clean.
Dinner is going  to get cold.

もうすぐよるご飯だよ。
ご飯の前にお部屋を片付けようね。
おもちゃを棚に戻せるかな。
どこにあったか覚えてるかな?よし!急げ急げ!!
お部屋を奇麗に片付けるぞ。
ご飯が冷めちゃうからね。

Time to tidy up your room.
Please start picking up all the toys.
We can play again more tomorrow,ok?
It’s time for your bed time sweetie.

お部屋を片付ける時間ですよ。
おもちゃを集めようね。
明日もまた一杯遊べるから、ねっ?
もうすぐ寝る時間だからね。

 

ちょこっとメモ

自我が出てくると、お片づけも中々スムーズに行かない時もありますよね。

我が家では娘ちゃんに1つの物で遊ぶようルールを作っています。”What’s the rule? Play one. Put away one, right?”

その方が最後のお片づけの量も少なくすむので、本人も楽になります。

自分でお部屋をお片づけしてくれた時は、必ず最後に綺麗になった感動を抱きしめます。大げさに伝えるように”WOOOW!! Look at this room!! It’s so beautiful!! You did a great job sweetie!! Thank you so much!!”

よし!褒められたと素直に笑わないけど喜んでいるあまのじゃくな顔が最近私のお気に入りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA