「うわ!!」とっさの感情を表現するフレーズ5選

英語の魅力の一つとして、感情を表現するフレーズがたくさんあります。今回は、それらを幾つかご紹介いたします。


photo by Tetsumo

 

フレーズを覚えよう

“Ouch!!”
「痛い。」

“Oops.”
「しまった。」

“Excuse me.”
「失礼しました。」

“Oh my god!!”
「うわ!!」

“No way!!”
「うそでしょ!!」

 

実際の会話を聞いてみよう

What happened sweetie? Are you ok?
Ouch. You have a booboo.
Oh you tripped on the rock.
Let’s wash your cut and put a bandage on.

〇〇ちゃんどうしたの。大丈夫。
あ、痛いね。怪我しちゃったね。
石で転んじゃったか。
傷洗って、バンドエイド貼ろうか。

Oops, you spilled your juice.
Let’s be careful next time sweetie, ok?

あちゃ、ジュースこぼしちゃったね。
〇〇ちゃん次は気をつけようね。

Oh!! hehe you burped.
What do you say?
Right, let’s say excuse me.

あら、げっぷが出ちゃった。
なんていうんだっけ。
そうだね。失礼しましただね。

Whats’s wrong sweetie?
Oh my god!! ewww!! Spider!!
Let’s get away!!

〇〇ちゃんどうしたの。
うわっ!!いや〜!!蜘蛛だ!!
逃げろ!!

You wrote these alphabets on your own sweetie?
No way!! You did a great job!!
Wow!! I’m so proud of you dear!!

このABC〇〇ちゃんが一人で書いたの。
うそ!!上手に書けたね。
すごい!!ママびっくりしちゃった。

 

ちょこっとメモ

英語で話す楽しみの一つは表情と一緒に感情表現豊かに話すことです。

小さい時から表現力豊かに話す力が付いていると成長してきた時に、より自然な英会話力が身についてきます。

我が家の娘ちゃんも私が話すことで覚えていき、何か落としてしまうと

“Oops. I’m sorry mommy.”

とぽろっと出てきたり、台風で雨風がすごい時には

“Oh my god!! Mommy look its rainning and windy!!”

と目をまん丸にして話したり、といったことが自然と身についてきているようです。

小さいかすり傷も大げさに

“Ouch!! Mommy!!”

と痛そうな顔をしてかけよってくる姿には思わずクスッとしてしまいそうな時もあります。

バンドエイドを貼ると足をひきづって歩いてくるので、

“Is it that painful sweetie?”

と聞くと顔を歪めて

“Yeah.”

と、愉快な娘ちゃんです。