「ママのお手伝いできるかな?」お手伝いをお願いする時の5つのフレーズ

小さいときは、お子さんにお手伝いをお願いするとはりきってやってくれますよね。今回は「ママのお手伝いできるかな?」と子供にお願いをする時のさまざまな表現をご紹介します。


photo by Andrew Seaman

 

フレーズを覚えよう

“Can you help mommy please?”
「ママのお手伝い出来るかな。」

“Do you wanna give me a hand?”
「ママのお手伝いしてみる。」

“Where’s mommy’s big helper?”
「ママの助っ人はどこかな。」

“Who’s a big girl / big boy that can help mommy?”
「ママのお手伝いをしてくれるお姉ちゃん/お兄ちゃんは誰かな。」

“Where’s my big helping hero?”
「ママの助っ人ヒーローはどこかな。」

 

実際の会話を聞いてみよう

Mommy’s going to clean the house.
I wish someone could help me….
Hmmm, I wonder where mommy’s big helper is?
Really?! Sweetie?! You will help me!! Wow, thank you so much!!

ママお家のお掃除しようかな。
誰かお手伝いしてくれないかな・・・
ん〜ママのお手伝い助っ人がどこかにいないかな。
わあ、本当に!!○○ちゃんお手伝いしてくれるの!!ありがとう!!

It’s time to get the laundries inside.
Who’s a big girl that can help mommy bring clean clothes to the room?
Oh my god!! Thank you so much for helping!!
You are such a big helper!!

洗濯物を入れなきゃ。
お洋服をお部屋に持ってくるお手伝いをしてくれるお姉ちゃんは誰かな。
わ〜!!お手伝いしてくれてありがとう!!
すっごく助かったよ〜!!

Wow, we did a lot of shopping at the supermarket today yeah?
Look at all these stuff.
Ok, let’s bring them to the kitchen.
Who’s the big helping hero that can help mommy?
Alright!! Let’s do it together!!
Wow!! It’s so much faster doing together!! Thank you buddy.

わあ、今日はスーパーでたくさんお買い物したね。
こんなに一杯だ。
よし、一緒にキッチンに運べるかな。
ママの助っ人ヒーローはどこかな?
よ〜し!!一緒にやってみよう。
すごい!!一緒に運ぶと早いな〜!!最高のパートナーだね。

 

ちょこっとメモ

2歳を過ぎると、おもちゃで遊ぶだけでなく親の行動が気になり、真似を始めたりしますね。

我が家の娘ちゃんもどこで見てたんだろうと思うほど本当によく真似をします。そこで真似だけでなく本当に出来るかな?と、ちょっとずつお手伝いをお願いしてみるようになりました。

最初の頃は、”Can you help mommy please?”と声をかけると”Sure!!”と来てくれていたのが、慣れてくると次第に来なくなったりもしちゃったり・・・。そこで娘ちゃんの気分が盛り上がるよう言い方を変えてみると再度”OK mommy!!” と手伝ってくれるようになりました。

お手伝いをしてくれた後は、毎回抱きしめて”I’m so happy you helped me out sweetie. Thank you very much!! I love you.”と言うと、嬉しそうにニコニコしてくれます。その笑顔を見てきゅんとする私です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA