「たんこぶができてるよ」ケガをしてしまったときの呼びかけフレーズ

今回はケガ、あざや傷のフレーズです。注意はしていてもお子さんはよくケガをしてしまいますよね。優しい言葉といっしょにぜひ英語で話しかけてあげてください。


photo by Dark Dwarf

 

フレーズを覚えよう

“Cut.”
「傷」

“Scratch.”
「かすり傷」

“Bruise.”
「あざ」

“Bump.”
「たんこぶ」

“Fracture.”
「骨折」

 

実際の会話を聞いてみよう

What’s wrong sweetie?
Oh, you got a cut from paper.
Let’s wash up your cut and put a bandage on.

〇〇ちゃんどうしたの。
紙で切っちゃったのね。
傷を洗って、バンドエイドを貼ろうね。

Awww. You fell, it’s ok. Don’t cry.
It’s only a scratch. Let’s wash it.
You’ll be fine.

ああ、転んじゃったね。大丈夫よ。泣かないの。
ほんのかすり傷だから。洗っておこうね。
大丈夫だよ。

Where did you get this bruise sweetie?
Probably when you hit your head to the table.
Let’s put ice pack on.

〇〇ちゃんこのあざは、どこで出来ちゃったかな。
テーブルにぶつけちゃっった時かな。
氷で冷やしておこうね。

You got a bump on your head.
It looks painful. Are you ok?
Let’s apply ice pack and get you rested a little.

たんこぶが出来てるよ。
痛そうだね。大丈夫。
氷をつけて少し休んでおこうね。

Oh my god!!
Are you ok sweetie?
You might have fractured something.
Let’s get you to the hospital right away!!

いやだ!!
〇〇ちゃん大丈夫。
どこか骨折してるかもしれない。
すぐに病院に行こう!!

 

ちょこっとメモ

見ているつもりでも、お子さんは気づかないところで怪我をしていることが本当にありますよね。

骨折のような大きな怪我はそんなに多くはないかもしれませんが、傷やあざは日常的なものだったりもします。

我が家の娘ちゃんもちょこちょこと怪我をしてきますので、その都度手当てをしてあげて

“Let’s be careful next time, ok sweetie.”

“You should watch or you’ll get hurt again.”

と注意もしますが、遊びに夢中になると結局は怪我をしてしまうようです。