「おもちゃは大事にあそぼうね」遊んでいる時に使えるフレーズ5選

お子様と遊ぶ時間は、英語を吸収するチャンスで溢れています。我が家の娘ちゃんもまだ幼く、一緒に遊ぶ時間の多くは、ほぼ英語で話すようにしています。気づくと娘ちゃんは単語やちょっとした文章をを英語で話す事の方が多くなっていました。我が家でも遊んでいる時に使っているフレーズをご紹介します。


photo by Juhan Sonin

 

フレーズを覚えよう

“What do you want to play with?”
「何して遊びたいの?」

“Can you give me ~ please?” “Here you are.”
「〜を取ってくれるかな。」「はい、どうぞ。」

“Thank you so much!” “You’re welcome.”
「わあ。ありがとう!」「どういたしまして」

“Play nice with the toys.”
「おもちゃは、大事に遊んでね。」

“Let’s clean up.”
「お片づけするよ。」

 

実際の会話を聞いてみよう

What do you want to play with today?”
You want to play with blocks? Ok, can mommy have some blocks too please?
Thank you so much sweetie!! What are you making? Is that a castle?
Wow!!Great job!!

今日は、何して遊びたい?
積み木で遊ぶの?いいよ。お母さんにも積み木少しくれるかな。
ありがとう!!なにを作ってるのかな。お城かな?
わあ!!上手だね〜。

Be careful!! And please don’t throw the toys, play nice with the them, ok?
気をつけて!おもちゃを投げたらだめだよ。大事に遊んでね、分かったかな。

It’s time to clean up!!
お片づけの時間ですよ。

 

ちょこっとメモ

まだ言葉がきちんと言えずおもちゃを指差していた頃から、”You want this one? Here you are.”と話しかけていました。

お片づけをする時、はじめの頃は合図として”Let’s clean up together!!”と声を掛けて一緒にやっていましたが、今は1人でやってもらいたいので、”Clean up time!! than we can have some snacks.”とお願いしています。

まだ甘えちゃう時もあるので、そんなときは”Do you want me to give you hand? Than what’s the magic word?”(Give you a hand=手伝う)と声をかけ、「お願いします」というマジックワードを言わなきゃね、とお約束をしています。