「Zoo keeper」動物園ごっこをしよう!

風邪をひいても元気な子供達。
でも、外には連れて行けずお母さんもお家で困ったりしますよね。
そんな時はお家で一緒に遊んじゃいましょう!!

今回は、動物園ごっこをご紹介します。


photo by gfpeck

 

フレーズを覚えよう

“Do you want to play zoo keeper?”
「動物園ごっこして遊ぼうか。」

“Let’s make the zoo!!”
「動物園を作ろう!!」

“We should make a habitat for each animals.”
「動物の生息地を作らなきゃ。」

“Do you want to be the Chief zoo keeper?”
「チーフ飼育員さんやる。」

“Don’t forget to feed your animals.”
「動物にエサをやるの忘れないようにしようね。」

 

実際の会話を聞いてみよう

You still have a little fever, so we should stay home today.
Do you want play a zoo keeper?
Ok!! So let’s set up for it!!
Can you get all your stuffed animals?
I’ll help you so let’s make habitats.
Ok, so you are the Chief zoo keeper!!
Should we feed the animals?
Oh!! Chief, looks like the giraffe is sick.
We should call the vet to get checked.

まだちょっと熱があるね。今日はお家にいた方がいいね。
動物園ごっこして遊ぼうか。
よし!!じゃあ準備しようか。
ぬいぐるみ出してこれるかな。
手伝ってあげるから生息地を一緒に作ろうね。
よし!!じゃあ〇〇ちゃんがチーフ飼育員だよ!!
まずは、動物にエサをあげようか。
あっ!!チーフキリンがちょっと病気みたいです。
獣医さんに連絡してみてもらった方がいいかもしれません。

 

ちょこっとメモ

お家にぬいぐるみや動物の置物などあると思います。
それを動物園に見立てて、お子さんに飼育員役をお願いし、動物のお世話をしてもらいましょう。

時々そっと動物をどこかに隠して

“Oh my god!! Chief the lion has escaped!! We should go find it, before someone gets hurt!!”
「チーフ!!ライオンが逃げました!!誰かが襲われる前に捕まえに行かなきゃ!!」

と懐中電灯を持って探すふりをしてみたりと、発想を広げて遊ぶと楽しいですよ。