「りんごはいくつあるかな」簡単な学習を会話のなかに取り入れよう!

遊びの中に、ちょっとした学習要素を加えるお母さんお父さんもいらっしゃると思います。今日は英語で簡単にできるものを、ご紹介したいと思います。


photo by malaise

 

フレーズを覚えよう

“How many apples are there?”
「りんごはいくつあるかな。」

“Can I have 3 apples please?”
「りんごを3つください。」

“What color is the apple?”
「りんごは、何色かな。」

“What does apple taste like?”
「りんごはどんな味がする。」

“Do you like apple?”
「りんご好き?」

 

実際の会話を聞いてみよう

Are you reading a book, sweetie?
What do you see? There are apples.
What color are they? Yeah, there are red. Very good.
And what do they taste like? Yes, they are sweet and delicious!!
How many apples are there? Right, there are 10. Good job!!
Can I have 5of them please? Thank you.
Do you like apples sweetie? Yeah, me too.
Do you want to have apple for snack? Ok!!

〇〇ちゃん本読んでるの。
何が書いてある。あ、りんごがあるね。
何色かな。そうだね、赤いね。よくわかったね。
そして、どんな味がするかな。うん、そうだね甘くて美味しよね。
何個りんごがあるかな。そうだね!!10個すごい!!
じゃあ5つもらえますか。ありがとう。
〇〇ちゃんりんご好き。そっかママも好きだよ。
おやつりんごにしようか。いいよ!!

 

ちょこっとメモ

我が家では会話のなかで、色、数、味などの質問をし、それぞれの物に対してどれだけ知識がついているかを確認するようにしています。

味は、他にも

“Bitter, sour, salty, hot and spicy”

などの表現を使って、食事の時などに教えています。

数字も普段から一緒に数えるようにすることで、多いものでも数えられるようになってきました。

質問をしないでも自分から説明をしてくれたらいいなと、ママは期待して待っています。